FC2ブログ

機種変

携帯の機種が変わったので、様々な環境を移行している。
今回は、Android から iOS への変更ということもあって、なかなか面倒だ。
おおまかにはGoogleに依存して生きていく方針であるため、そこに連なっているところであれば比較的移行は容易い。
二要素認証のように物理ハードであることに依存していたり、クレジットカードのような人間に電話をかけないと認証が通らないようなものはすこぶる面倒くさい。
パスワード管理ソフトの管理から漏れているサービスもちらほらと出てくる。
しばらくは、古いほうの端末も手放せなさそうだ。

知る

プログラマの使う俗語に、「知る」がある。
「機能Aが機能Bを知っている」とは、機能Aが機能Bに依存しているという意味である。
たいてい「機能Aが機能Bを知っている必要はない」という形で使う。
というのも、機能間に依存があるということは、依存先のコードが変更されると被依存側のコードも変更が必要になる可能性があるということであり、保守コストの増大に繋がるからだ。
極論、依存先が100も200も無用にあるような機能は、日常的に依存先の変更伴って壊れる恐れがある。
個々の機能を小さく、なるべく他の機能に依存しないように作ることはコーディングのセオリーである。

と、ここまでのことは、そういうコンテキストのもとで、当たり前のこととして受け入れていた。
しかし、この意味での「知る」ということもまた、日常的な意味での「知る」の一側面であるということが今日の気付きだった。
何かを知るということは、同時にそれに依存する、ということなのだ。
しかも、人間ひとりが知っていることなんてそれこそ100や200とは次元が違うレベルの数になる。
プログラマの目で見れば、そんなアホみたいに依存関係のある機能が、どうして壊れずに動いているのか、理解不能だ。
ただ、そんな難しいことができている人間ってすごい、というよりはむしろ、本来は危ういバランスの下でかろうじて正常に見える動作をしているに過ぎないので、今後はより意識的に依存先の変更に追従する必要がある、という話かなと思う。

充実

休日は少なくともひとつ何か意味のあることができればいいなあと思っている。
今日は不要なデスクトップの宅配買取を申し込んで、ジムに行って、映画を見て、買い物をして、洗濯をして、と5個か6個くらいの意味のあることができた。
つまり、とても充実していた。
昨日は2個か3個かくらいしかできなかったので、当社比2倍である。
三連休くらいあると、それほどのパワーが湧き出るのかもしれない。

普段、料理するときは数日分をまとめて作っている。
作る量によってその後何日楽できるかが変わってくるので、できるだけ多く作りたいと思った結果、しばしばフライパンから溢れんばかりの量を作ってしまうことがあった。
その不便さを解消すべく、昨年、新しく大きな鍋を買った。
実家にある鍋と遜色ない大きさなので、3〜4人前を標準的に作ることができるだろう。
それくらいあれば、一人暮らしの料理なんて悠々入る……かと思いきや、そうはうまくいかない。
鍋が大きくなったのに合わせて作る量も増えてしまって、不便さは解決されないのだった。
浅ましいことよ。

ドメイン

このブログもだらだらと続けて数年になる。
というか、改めて振り返ると、今年で9年目だ。
中学からいくつかのブログサービスを渡り歩いて、いつの間にか一番長く使っているサービスになっていた。
長くなったからというわけでもないが、なんとなく次にブログを移転するとしたらどうしようか、ということをたまに考えている。
せっかくだからブログも作ってみたいというのもあって、そこでどうしようかと考えているのがドメイン名だ。
ブログサービスを使っていればだいたいドメイン名は固定で、アカウント名とかが勝手にホスト名に入っている。
このブログもそうで、アカウント名=HNが入っている。
しかし、どうせ自前で準備するなら、もっと気の利いた名前をつけたい。
HNは個人のラベルであって、自分が活動する空間のラベルとしては納得がいかない。
ブログのタイトルも座右の銘ということでブログタイトルとしては適切だけれども、ドメインはブログすらも包含する空間だ。
それに適当な名前とはいったいなんぞや。
そんなしょーもないことをばかり考えて、結局手が動いていないのだけれども。。。

むこうぶち

むこうぶちが Amazon でシリーズ 11 円のセールをやっていたので、帰省のお供に買って読んでいる。
自分の打てる麻雀でも好みの麻雀でもないが、おもしろい麻雀だ。
自分は麻雀のもともとがデジタルなので、連チャンすると流れがどうとか、鳴くと流れがどうとかいうので打牌判断することはできない。
とはいえ、それは自分に流れが見えていないだけで、そういう世界で戦っている人たちのレンズを通して見る戦いは見ごたえがある。
久々に打ちたくなった。

寒がり

寒い季節になった。
自分は自他ともに認める寒がりで、冬が深まるに連れて徐々に身にまとう防寒具が増えてくる。
はじめはネックウォーマー、それからイヤーマフ、ニット帽、手袋、マフラーと順々に装備が充実していく。
個人的に、これらを5種の神器と呼んでいる(昔は3種だったが、最近増えた)。
一方、会社の同期はこんな季節にも関わらず裸足にクロックスを履いて平気な顔をしている。
これは寒がりな自分でなくても普通ではないと思うが、逆に言うとこれくらいは日本人の感覚の上と下という感じがする。
そもそも自分が寒がりなのも、幼少期を暑い場所で過ごしたからだと思っている。
やはり寒いところ出身の人は寒さにも強いようだ。
クロックスの同期は愛知だが、、、
プロフィール

みやどはつか

Author:みやどはつか
【座右の銘】
明日は明日の風が吹く/明日やろうはばかやろう


カウンター

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ