FC2ブログ

料理

料理を作るときに求める要件は,そこそこおいしく,簡単でかつ大量に作れることだ.
人間は有史以前から料理をしてきたにも関わらず,量に関する標準化・定量化は行ってきたが,おいしさと簡単さの定量化は行っていないようだ.
おいしさは主観も絡む部分もあってなかなか難しいが,手順の記述である簡単さは定量化されていてもよいはずだ.
巷の料理手順はこの簡単さが定量化されていないばかりに,やってみると実は面倒ということがある.
例えば,調理に必要なステップ数と各ステップの想定所要時間のような定量化が考えられる.
ステップの分割単位を厳密に定義するとややこしくなりそうだが,ここでは同じ作業をしている間は1ステップとしよう.
このように定義すると,「ニンジンを切る」のと「アスパラを切る」のでは実はステップ数が違うことがわかる.
「アスパラを切る」のはまさに切るだけの1ステップだが,「ニンジンを切る」は「ニンジンの皮をむく」「皮をむいたニンジンを切る」の2ステップだからだ.
料理に慣れた人からすれば些細な違いかもしれないが,料理に不慣れな立場としては,この違いを差し置いて1行で手順を説明した気になっているのは気に食わない.
最近は人工知能が料理を創造する時代でもあるわけだし,このような考え方が市井にもたらされてほしい.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みやどはつか

Author:みやどはつか
【座右の銘】
明日は明日の風が吹く/明日やろうはばかやろう


カウンター

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ