TRPG DSL

シナリオを書くときに困ることといえば,
- イベントシーンがとっちらかる
- 設定がとっちらかる
- ルート分岐の抜け漏れが発生する
- 渡すべき情報がなんだったか整理できない
- 資料がとっちらかると,セッション時の資料もとっちらかる

そして,シナリオを書いたあとに困ることといえば
- 設定の再利用性が皆無

そこで,TRPGDSLを考えることにした.
目標としては
- 簡単な記述(マークダウン記法をベースに拡張)
- 設定やシナリオ,描写の構造化とコンポーネント化
- シナリオ分岐や情報の受け渡しの抜け漏れチェック
- コンパイル後にゲームブックレベルで整理された資料になる
このあたりのことができるようになること.

なんとか形にしたい.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みやどはつか

Author:みやどはつか
【座右の銘】
明日は明日の風が吹く/明日やろうはばかやろう


カウンター

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ