FC2ブログ

妥協

 今日は1時間だけ授業があった.大学共通の授業はないが,学部の授業はあるとかいうよくわからん事態だ.それで授業を受けてきた.
 が,授業そのものより驚いたのは授業開始前,小耳に挟んだ会話だ.
「レポート終わった?」
「まだだよ……どんくらいでできるかな?」
「あ,プログラムできてたら3時間くらいでかけるよ」
 俺は耳を疑った.3時間だと……? 昨日俺がどれだけ時間をかけたと思ってるんだ.それにもちろん昨日だけじゃあない.2つの課題プログラムについてレポートを書くのに3日は費やしているんだぞ…….
 俺がレポートを書くのに,どうしてこんなに時間がかかるのかわかった気がするよ.周りと比べるもんじゃないかもしれんが,周りはそんなもんだったりするんだなって.
 それにしても,彼らはそれで不安ではないんだろうか.俺だって好きで書いているわけじゃない.けど,これくらいは説明しないといかんだろうという義務感が書かせるんだ.彼らの最低限が低すぎるのか,俺の最低限が高すぎるのか.
 授業が終わってから,3日書いてもまだたどり着けない最低限を掴み取るため,4日目の作業に取り掛かった.
 3日で課題1,課題2の説明自体は終わっていた.あとはプログラムのテスト結果,そして考察を書くだけだ.これも簡単な作業ではない.どんな入力でテストするか,どれだけの入力をテストするか,テスト結果をどうとらえるか.考察はより難しい.「データと説得力ある理由を用いて,自分の考察する結論を導」かなきゃならないし,テスト結果などから不満な点が見えれば改良点として挙げる必要がある.
 すべての作業を終えてやっとレポートがやっと1つの形になったのは夜7時半だった.そして俺は妥協した.解説用の図をいれることもなく,フローチャートをいれることもなく.それは30枚の醜い紙束だった.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みやどはつか

Author:みやどはつか
【座右の銘】
明日は明日の風が吹く/明日やろうはばかやろう


カウンター

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ