カレー

http://hmiyado.blog120.fc2.com/blog-entry-619.html

このメソッドは有用であった.
鶏肉,玉ねぎ一個,じゃがいも1個を小さめに切る.
鶏肉に火を通し,その後玉ねぎとじゃがいもも炒める.
さらに冷凍のミックスベジタブルを目分量投入する.
ミックスベジタブルが解凍された頃合いでトマト缶1缶とプレーンヨーグルト半缶,カレールー4かけも投入する.
カレー粉もついでにぱぱっとかけてあとは20分煮込む.
とても簡単でおいしい.

ポケットモンスターサン シナリオ攻略感想

金曜に仕事終わって帰ってきてから延々やっていた.
エンディングまで20時間.
シナリオ・世界観・演出は過去シリーズの中で最もよかった.

あとはネタバレ含むかもしれないので続きで.

続きを読む

協力

ひとりは100%だけど,10人は1000%じゃない.
そもそも次元が違う.
でも,ひとりひとりは100%じゃない.
ということを感じた.

さやちんについて

君の名は,結構前に見た.
いい作品であったことは間違いない.
その上でたった1点だけ苦言を呈したい.
ネタバレも含むのであとは続きで.

続きを読む

コーヒー

そもそも大学入るまでは飲めやしなかったのに,配属されてからと言うものコーヒーを飲む習慣がついた.
理由は3つある.
第一に,お昼過ぎは眠くなる時間だ.
カフェインを取ることで眠気を覚ますことができる.
第二に,糖分補給と相性がよいことだ.
チョコレートやドーナツ,パンケーキなど甘さを引き立ててくれる.
第三に,席を立つ理由になることだ.
コーヒーを汲みに行くだけでも席を立つ.
また,利尿作用があるので,根を詰めて仕事しているときに,お手洗いに立つことでよい気分転換になる.
座りっぱなしよりもよい.

そういうわけで,会社員の横にコーヒーがあるというのも,実体験として納得がいくようになった.

山手線一周サイクリング

社会人になってからというもの,当たり前の話だが平日は働いている.
日中いつでも遊ぼうと思えた学生時代とはわけが違う.
だからこそ,7分の2に減ってしまった休日は有効に活用しなければならないと強く思うようになったし,いわんや天から降って湧いた祝日などはどうすればらしく過ごせるかとしばらく前から頭を捻っている.
とはいっても目の前の生理的な欲求には抗いがたいもので,起きたのは昼前,飯食ったら13時を回ってしまった.
しかし,今日は天気がいい.
何もせずに家で時間を潰すには惜しい日だ
そうだ,前々からやってみたいと思っていたアレをできないだろうか...
と思って下調べすること15分.
先行研究を確認し,今からでもまだ間に合うと自転車を漕ぎ出した.

そう,今日は山手線一周サイクリングだ.

14:03 秋葉原(前の駅からの経過時間0分/累積経過時間0分).
もはや通い慣れた道,見慣れた風景だ.
ここから,内回り方向に駅を巡っていくことにした.
このときはまだ知るよしもなかったことだが,この選択は後々の俺にとって非常に重大な意味を持っていた.

14:08 御徒町(5/5).
14:12 上野(4/9).
このあたりは普段の生活圏内だ.
こんなところで立ち止まってなどいられない.
ここから先に踏み出すのだという高揚感で満たされていた.

14:19 鶯谷(7/16).
ついに未知のエリアに突入した.
さっそく駅の場所がわからない.
陸橋の上に出入り口があり,難解だった.
だが,後々のことを考えれば,この程度はまだ序の口だったのだろう.

14:30 日暮里(11/27).
14:35 西日暮里(5/32).
新日暮里という場所が存在しないと知ったのは,この言葉を知ってからだいぶ経ってからだった.
日暮里という場所の事前の印象はそんなものだった.

14:40 田端(5/37).
まずはじめに南口を発見して写真を取ったのだが,この駅は今回各駅を回った中でも際立っていた.
駅が丘,というより崖を背負っていて,南口利用者はこの崖から昇降する階段かひどく回り道をするしかない.
不便だし,東京にあるまじき知能の低さだ.
かと思いきや,これは南口に限った事情らしく,どうやら表には立派なビルを併設した立派な出入り口があるようだ.
このような新旧,表と裏の顔を持つ駅は他にはなかった.

14:53 駒込(13/50).
14:58 巣鴨(5/55).
先行研究で,田端周辺は京浜東北と山手線のぶん機が発生しているため注意すべしと警鐘が鳴らされていたため,ドツボにはまらずにすんだ.
とはいっても住宅街中心の小道が入り組む地形で,路線自体も大きく弧を描いているために少し時間がかかってしまった.
振り返ってみるとここまでで1時間.
非常にいいペースだ.
そしてこれは,俺にとっては幸運だった.

15:05 大塚(7/62).
大塚駅近くにはややこしいことに,都電荒川線の大塚駅前駅がある.
同じように山手線一周サイクリングで各駅の看板を写真に収めようとおもっているかたは,この大塚駅前駅を映さないよう注意されたい.

15:26 池袋(21/83)
山手線は東京〜上野間ですべて済んでしまうので,今年から東京都に住み始めた俺にはそれ以外は未知の領域だ.
そんな中で,池袋のように聞いたことのある名前は,安心させてくれる.

15:42 目白(16/99)
池袋から目白にかけては,とても心地よい下り坂がある.
問題は,目白はその途中で曲がらなければたどり着けないということだ.
うっかり坂を下りきってしまったために,戻る羽目になった.
そのせいで少しロス.

15:51 高田馬場(9/108)
16:18 新大久保(27/135)
高田馬場を過ぎたあたりでおなかが減ったので,ケンタッキーで休憩がてら遅めの昼食をとった.
新発売で噂になっているチーザを食べるためだ.
感想としては,ピザを期待すると物足りないし,チキンを食べるなら普通にフライドチキンを食べればよい,ということだ.
それにしても,なんでケンタッキーはチキンとともに食べる炭水化物をメニューに揃えていないのだろう.
フライドチキンと一緒に食べれるバケットでもあればよいのだが.

16:30 新宿(12/147)
16:40 代々木(10/157)
16:49 原宿(9/166)
このあたりから日が暮れ始めた.
夜の帳は道がわかりにくくなるために時間がかかるようになるという以上に,心にも陰りをもたらすものなのかもしれない.
あるいは,疲労の蓄積が無視できなくなってきたのか.
突発的な衝動のために,ただ前に進むことでしか帰れなくなったこの状況を後悔する気持ちがちろちろと鎌首をもたげてきた.

17:00 渋谷(11/177)
17:11 恵比寿(11/188)
17:21 目黒(10/198)
このあたりは就活のときに何度か来たことがあったので,少し懐かしかった.
とはいえ,一駅あたりにかかる時間が長くなってきている.
やはりフィジカルもメンタルもボロボロであれば,致し方なし.

17:29 五反田(8/206)
17:36 大崎(7/213)
17:57 品川(21/234)
芥川龍之介の「トロッコ」のことを思い出していた.
はじめは興味と,期待と,高揚感と,楽しさとを胸いっぱいに詰め込んでただひたすら前に進むだけだった.
しかし,ふと気づくとあたりは真っ暗で,高ぶった心が急に冷えていって,残されたのは途方もなく果てしない帰路と,それをゆかねば安息はないという焦燥と,この状況を招いた後悔.
そしてまさに,大崎品川間には繁栄の明かりはなく,人類が消えてなくなったあとの文明の名残がまだ朽ちずに残されているだけであるかのような,ただ荒涼とした無機質さが立ち並んでいるだけなのである.

18:08 田町(11/245).
18:17 浜松町(9/254).
18:28 新橋(11/265).
もう疲労はごまかせなくなり,4時間を越えて座り続けて尻も痛くなっていたが,しかしこのとき俺の心には希望の光が灯っていた.
街に光が灯り,人があたりを歩くようになっていたからだ.
たったそれだけのことでも,心は軽くなるのだ.

18:36 有楽町(8/273)
18:46 東京(10/283)
18:54 神田(8/291)
文明の光に照らされながら考えていた.
もし,今日外回りで走っていたらーー.
駒込,田端,西日暮里,日暮里,鶯谷.
どれも住むには良さそうな街ではあった.
しかし,賑わいには欠けるし,繁華街の明かりとは無縁だったろう.
暗闇に包まれた住宅街の中を,どこへ向かっているとも知らずに走るのはどれほど辛いだろうか.
この企画は無計画で無謀で無茶苦茶ではあった.
だが,一握りの幸運に恵まれ,自分の強さや弱さと向き合えた,と言えるとは思う.

19:04 秋葉原(10/301)
そして,帰ってきたのだ.

操り人形[シナリオソース]

# 分類
ホラー? SF?
演出に寄ってはジャパニーズ・ホラーにもパニックホラーにもできるだろう.

# システム・舞台
メタTRPG要素がある.
現代が舞台で,平行世界の概念があるシステムが望ましい.
クトゥルフ神話TRPGなど.

# 設定
PCたちはたびたびTRPGをともに遊ぶ友人同士である.
オンセではなく,リアルに卓を囲む関係であることを推奨する.

# 導入
友人の一人がセッションの時間になっても現れず,連絡もとれない.
気になったPCたちは,友人を探すことにした.

# 展開1
友人ついて調べると,以下のことがわかる.

- 最近オンラインセッションを遊び,それから間もなくして誰とも連絡をとらなくなった
- その原因は,オンラインセッション後から誰かに見られている,狙われていると感じていたためのようだ
- 実際,友人の身の回りには,最近不審な男の影が目撃されている

また,友人について調べている間,身の回りの人形やフィギュアが不自然に動いたり,それらとたびたび目があったり,話しかけてきたりする.

# 展開2
オンラインセッションと男について調べると,以下のことがわかる.

- オンラインセッションをともに遊んだPLたちの身の回りにも,PCたちと同じような現象が起こっている
- オンラインセッションのタイトルは「操り人形」といい,同じように人形に端を発する怪異を解決する話だった
- セッション中では「人形を操る」呪文が登場した
- 呪文の効果は「操られていない人の形をしたものを操ることができる」
- PCたちは,自分たちに「人形を操る」を行っても,操ることはできない(自分以外の人形は操ることができる)

また,この頃から,人形だけでなく,待ちゆく人々もPCに対して不自然な言動を行うようになる.

# 真相
男は,オンラインセッションにおける友人のPCだった.
男は,そのセッションの中で,「人形を操る」呪文を通して,自分は誰かに操られていると確信するに至った.
そして,自分が自分の意思で生きていることを証明するために,自分を操っている人間を操ることに決め,セッションの世界からPCたちの世界へやってきた.
だが,この世界の中でも,PCたちを操れなかったため,まだ「自分を操る者を操る者」の存在を予感する.
このような数珠つなぎの世界をすべて消し去り,誰からも操られない世界を作ることを決意し,「すべての平行世界を消す」セッションを行うことにする.

# 結末
PCたちは友人を男の操り糸から救い出すため,セッション世界に飛び込む.
男を倒せば,友人を取り戻し,数多の平行世界を救うことができる.
もし男が勝利したなら,数多の平行世界が消え去り,自分が誰にも操られないと「確信」できる世界が訪れる.
だが,その世界にTRPGという遊びは存在しない.
なぜなら,TRPGとは平行世界の人物を操る遊びだったからだ.

# 備考
- 序盤は人形や他NPCの不自然な動作による恐怖を演出する
- 後半はPCたち自身が「自分たちも操られているかもしれない」と思うような猜疑心を煽る(そしてそれは真実なのだ!)
- メタTRPGとして,普段はできない遊び方をするのもよいだろう
- 「操り人形」のシナリオをその場で公開する
- キャラシートの書き換えや突飛な宣言を認める
プロフィール

みやどはつか

Author:みやどはつか
【座右の銘】
明日は明日の風が吹く/明日やろうはばかやろう


カウンター

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ