TRPG DSL

シナリオを書くときに困ることといえば,
- イベントシーンがとっちらかる
- 設定がとっちらかる
- ルート分岐の抜け漏れが発生する
- 渡すべき情報がなんだったか整理できない
- 資料がとっちらかると,セッション時の資料もとっちらかる

そして,シナリオを書いたあとに困ることといえば
- 設定の再利用性が皆無

そこで,TRPGDSLを考えることにした.
目標としては
- 簡単な記述(マークダウン記法をベースに拡張)
- 設定やシナリオ,描写の構造化とコンポーネント化
- シナリオ分岐や情報の受け渡しの抜け漏れチェック
- コンパイル後にゲームブックレベルで整理された資料になる
このあたりのことができるようになること.

なんとか形にしたい.

非国民ポイント

天皇への不敬などで貯まる.
一定以上のポイントが貯まると,国籍を剥奪される.
ポイントの増減は秘密裏に行われる.

幼稚園児

幼稚園児はチームを作って課題をこなすことができるし,その中でチームメンバーとの折衝に骨を折る.
我々もチームを作って課題をこなすことができるが,その中でメンバーとの折衝に骨を折る.
幼稚園児と我々の違い,もとい幼稚園児から我々に至るまでの成長とは何か,考えさせられる.

後回し

あれこれ後回しにできるほど賢くない.
昨日が父の日だということはスーパーで知ったが,買い物をしてたら忘れてしまった.
思い立ったが吉日とはよく言ったものだ.

波及効果

最近チョコを食べながら仕事している.
すると,甘いものを食べる量が増えることになる.
となると,虫歯が増える.
こんな簡単なことにも気づいていなかったなんて.

炊飯器AI

炊飯器にAIが搭載されたとする.
自身より性能の良い炊飯器に炊飯を任せたほうが,経済的かつおいししいご飯を炊けるようになる.
そこで,新しい炊飯器を考案するか作ることになる.
その炊飯器も美味しいご飯を経済的に提供すべく,AIを搭載している.
この炊飯器も,きっと同様に,自身より性能のよい新たなAI搭載型炊飯器を調達するだろう.
以下,無限後退が繰り返され,私は増え続ける炊飯器の横でご飯にありつけずに死ぬのである.

チョコ駆動開発

最近,チョコレートとともに働いている.

第一に,甘いのがいい.
糖分を摂取することで,必要なエネルギーを絞り出せるようになる.

第二に,コーヒーとの相性がいいのがいい.
コーヒーのカフェインも合わさって,眠気を飛ばすことができる.

ランク分け

必要,欲しい,不必要
できる,やる

そういうレトリカルな言葉の選択を必要とするようになってきた.
なんというか,理想と現実をわりきってしまうのが切ない.

健康神話

人生これまで幸いにして大病もなく過ごしてきた
たから,自分は健康なのだと思ってきた
だが,ちょっとつついてみるといろいろと怪しいところがでてきた
知覚過敏に虫歯が数本
そして,今日は新たにアレルギーが発覚した
しかも先生曰く,結構重い.
確かに血液検査の結果をみると,スギを筆頭に,ハウスダストだのなんだのがずらずら並んでいる.
数値で言えば,正常値の三倍程度がでている.
知らぬが仏というか,なんか手とかかゆいなあ程度ののほほんとした自覚症状の裏には相当な病があったのだ.
きっと調べれば他にもぼろぼろ出てくるに違いない

目標と振り返り

継続的に何かを改善するにはPDCAを回す必要がある.
改善するには行動しなきゃいけないし,行動を評価するには計画がなければならなし,効果的に改善するには具体的な評価基準が必要となる.
人生も経験というリソースをもつ拡大再生産ゲームなので,いかにPDCAサイクルを効率よく回すかが大事になってくる.

というところまではわかっていてもねえ.

合法だが不適切

不適切なことが合法に行われていたら,その行為そのものはもとより,ルールの運用と制定こそがそれ以上の批難の対象にならねばならぬのではなかろうか.
システムが防げないことが行われたなら,どうすればシステム上防げるのかを真っ先に考えるべきだ.
特に人を裁くなどという大それたことは客観的でかつ共通のルールの適正な運用によってのみ行われなければならない.
恣意的に「適切」を運用すれば,再度同じことが繰り返されるし,その時の対処は時勢の胸先三寸だ.

イカ

ついこの間イカでS+になった.
それまではボールドを使ってS30〜50くらいだったのだが,黒ZAPを使いはじめるとあれよあれよとウデマエが上がっていった.
2,3度S90に乗った後,S+に上がることができた.
どうやらというかやはりというか,仲間の数を把握するのは非常に重要らしい.
特にヤグラでウデマエを稼げた.
ヤグラはエリアより戦況判断能力が求められるが,ホコほど早い判断は必要とされないと思う.
その具合がなんとなくはまったんだろう.

もうロールキャベツなんて

続きを読む

まとめ買い

自炊スキルが上がってきた気がする.

2ヶ月ほど前,自炊を始めたての時には,明日のメシのことを考えるのに精一杯だった.
そのために,ほぼ毎日メニューを考えては買い物にでかけていた.
その時間も馬鹿にならず,帰宅後の余暇に重大な影響を与えていた.

だが,最近はしばらく先のメニューまで見据えてまとめ買いできるようになってきた.
今日であれば,豚ひき肉を中心にハンバーグやロールキャベツを作ることを計画して購入した.
また,ロールキャベツは大量に作ることで,保存食にすることも考えている.
これで向こう3,4日は生き延びることができるだろう.

ここで振り返って考えてみると,調理に関する時間的な操作ができるようになりつつあることがわかった.
この先は,この力を更に育てることで,買い物時期のコントロールをできるようになりたい.
普段よく行くスーパーは,毎月7のつく日がポイント5倍でお得になる.
そのタイミングにちょうど買い物が必要になり,かつそれ以外のときは土日で買い物に行くようなシナリオを描ければ,より節約できる.
もう1つ節約に資するのは,メニューから具材を買うのではなく,具材からメニューを決めるという方向にシフトすることだ.
その時々で安い品物を買い,それに合わせてメニューを決めるようにできれば,世の中の主婦の歴々と肩を並べるスタートラインに立てるようになったといえるだろう.

こうして考えると,買い物一つとっても主婦というのは一筋縄ではいかない職務だと実感する.

加齢

年をとるごとに体の調子が悪くなっていっているのであろう.
この前歯医者に行くと,虫歯が2つと知覚過敏が1つ見つかった.
知覚過敏は加齢に伴って歯茎が弛れて歯の根元が露出し,その部分に冷たいものがあたったりすると痛みを感じるというものだ.
2つの虫歯は日頃の歯磨きが良くなかったのであろう(心あたりがある)と反省するが,知覚過敏が加齢に伴ってというのは流石に寄る年波を感じた.
具体的に加齢が原因だと指摘された事案は今回が初めてだった.
だから年をとるのが嫌だというわけでもなく,むしろ自分にもそういうライフイベントが回ってきたのが感慨深い.

最近手の肌荒れもひどくなってきた.
皮膚科にも行っておいたほうがよさそうだ.

鳥頭

今日,財布を忘れて出社した.
自転車通勤なので,最悪昼飯になるまで財布がないことに気づけないのだ.
まさか自転車通勤にこのようなデメリットがあるとは思わなかった.

財布を忘れた原因のひとつは,朝のうちにカレーの下ごしらえをしたことだ.
朝のなんとなく忙しない感じのする時間帯に,何か新しいことをやろうとすると今まで出来ていたことができなくなってしまう.
布団をあげ忘れたり,ご飯を炊き忘れたり,水筒を忘れたり.

すべてを意識して完璧にこなすのは難しい.
大事なのは,頭から抜け落ちても思い出せるような仕組みと,思い出せなくても問題ないような仕組みを作ることだ.

思い出せなくても問題ないような仕組みは比較的容易に実現できる.
すなわち冗長化だ.
これを機に,カバンにも紙幣を入れておきたいと思う.

思い出すための仕組みというのは,存外難しい.
すぐに思いつくのは,定期的にアラートを鳴らすとか,チェックリストを作るとかで注意喚起する方法だ.
だが,やがてそれが存在することに慣れてしまって,注意を払わなくなるのだ.
すなわち,定期的な注意喚起では意味を成さなくなる.
忘れた時その時だけに発動するような仕組みがほしい.
例えば,毎朝近所のコンビニでコーヒーを買う.
これなら財布を忘れていても比較的早期に思い出せる.
だが,なるべくお金は使いたくない.
少し,方法を考えてみる必要がありそうだ.

労働の余裕

余裕も何も,楽しければ働くし,楽しくなければ働きたくもなくなる.
楽しくないのに働かねばならない時,どう折り合いをつけるか.
それもそのときになって考えよう.
プロフィール

みやどはつか

Author:みやどはつか
【座右の銘】
明日は明日の風が吹く/明日やろうはばかやろう


カウンター

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ