現代の錬金術

気を抜くとすぐ更新が滞るから困る.
しかしまあ気を抜いてるのは更新だけに限らないから,それ以上に困っていてもおかしくない.
困りそうで困らないぎりぎりのところで合法的に気を抜いているはず.

麻雀を……というか天鳳をなんでこれほどしてるかってひとつは気を抜いていても勝てるからだと思うんだよな.
実力差がなければ平均的に4回は1回は1位をとれて,天鳳のシステム上4位でなければ「勝った」と思える.
プレイ中も作業でしかない和了とベタオリが少なからず存在する.
気を込めればより勝てるかもしれないが,短期的に目に見えるほど勝てるというわけではない.
「気を抜いていてもこれだけ勝てる」とみるか,「気を込めてもこれだけしか勝てない」とみるか.
前者の気楽さに身をゆだねると,時間は飛ぶように過ぎていく.
実力もあげたいけれど,面倒なことよりは楽なほうに流れていくのよな.

やる気と結果は正比例しない

立法府 = プログラマ
法律用語 = プログラミング言語
六法全書 = ソースコード
法律専門家 = コンパイラ
裁判所 = 実行環境

みたいな対応づけになるんだろうか.

条件付き経験則

血液型で性格が決まるとは思ってないけど,「血液型で性格が決まる」という思考で性格が決まることはあるかもしれない.
まあそも性格を自己評価するなんて二重の主観を前に「決まる」という言葉を使うほうがやぼったいようにも思う.

Javaの演習が始まった.
GUIのライフゲームを作る.
ウィンドウだの線の描画だの便利なAPIが揃っている.
そもプログラミングはライブラリゲーみたいなところはある.
いかに猫の手を借りてくるか.
闇雲に車輪を際発明しても意味がないってことよな.

実験演習も第2幕があがり,後半戦の様相を呈してきた.
とりあえずは正月までもたせよう.

まじめよりもおくびょうのほうがいい

せっかくツールを作ったんだけど,保守するモチべがない.
開発期間よりも保守期間が長いってのが身に染みてわかる.
IEでは使えないとか,機能が想定通りに動いていないとか.
前向きに機能拡張するならまだしも,後ろ向きに保守するのってすごく精神力を必要とする.
しかし,新しくポチポチ書いているツールのほうがモチベーション上がらないので,相対的に保守したい気分.
まーどうせレポートとか終わらないと趣味でコードを書く心の余裕が生まれないんだけど.

本当

なんかレポート類を溜めちゃってるから明日中にどうにかしないとなって思ってるうちにすでに今日だった.
正直,水曜は好きな授業しかないので複雑な気持ちなんだが,この祝日を当てにしてため込んでいたのもまた事実.
休みじゃなくて1週間ずれただけ.
いろいろと冷静に受け止めていこう.

日本橋

スケジュール管理がどうとかいってるそばからやらかした.

今朝,Javaの授業を受けれるひゃっほーとか心を躍らせつつ教室に入った.
黒板に書かれているのは「プログラミング中間試験」.
あれ? 中間試験は木曜,次回のプログラミングの授業じゃ……
と疑問を覚えたのは一瞬のこと.
どうにもならない現実を前に諦観.
この試験はA4用紙一枚持ち込み可能とか,過去問とか,練習問題とか,そんなもの全部関係ない.
ありのままの実力で受けたさ.
結果は,手も足も出ないというほどではなかったという非常に判断に困るもの.
間違っている恐れが高い問題を除いても6割ありそうだった.
点数補填用のレポートを書くかどうか非常に悩ましい.
おそらく結局書くんだけどね.
答え合わせがてら.

というわけで真剣に端末がほしい.
スマートフォンが要求仕様に近いけど回線代がって話だった.
そこでひらめいた.
端末買うだけなら日本橋適当に廻れば中古でも売ってるんじゃないか.
というか,そんな光景をみたことがある気がする.
法的にどうなのかよくわからないけど,需要があるから供給されてるんだろう.
今は日本橋に行きたい.

餅つき大会

今日は近所の小学校で餅つき大会があった.
毎年,つきたてほやほやの餅を雑煮にしたり磯辺焼きにしたり黄な粉餅にしたりして振る舞ってくれるというイベントだ.
しかも無料.
特に磯辺焼きのおいしさはしみじみと幸せな気分にしてくれる.
のだが,今日は行かなかった.
朝起きれなかったもとい起きたくなかった.
昼前まで寝れるのは日曜しかない.
1日10時間睡眠を目標とする自分としては,貴重な機会を逃すわけにはいかなかったのだ.
結果としては,毎週よくあるように心行くまで寝て,だらだらと課題をこなす1日になった.

潜在的にはこれ以上の非日常があるのだろうが,イベントを取捨選択しているのは自分自身なのだ.

タブレット端末

最近,PDA,タブレット端末がほしいな~と考えている.
そろそろ真剣にスケジュール管理をしなければならない時期にきている.
メモは持ち運びが容易で書き込む手間がいらない代わりに,整理できず情報が勝手に廃棄されてしまうという欠点を抱えている.
手帳は一時期使っていたけど,なんか面倒で自然消滅した.
たしかに,ツールが変わるだけで習慣が変わるかどうか怪しい.
でもまあ形から入るタイプでもあるんで.
ガジェット購入というのはある種の趣味ですな.

要件としては
・5インチ以下.少なくとも7インチは大きくて持ち歩かなそう
・無線LAN使用可能
・Apple社製でない.宗教上の理由に似た何か
・もちろん手帳としての機能を備えている
・メディアプレイヤーにもなる
・地図機能(GPS).これは超便利
・2万円以下
・できればAndroidでいろいろアプリを楽しめる
スマートフォンがスペック的には一番近く,様々な製品が販売されているんだけども回線契約がネック.
今はガラケーを使っていて,これで事足りてる.
ガラケーのカレンダー機能を使えばという話もあるけど,カレンダーをみて,メモして,っていう処理が非常にかったるい.
やっぱり電話とメールとTL眺めるくらいの機能で十分だし,それ以上のことをさせたいツールではない.
逆にスマートフォンも,一時期学内で試用できる機会があったので使っていたんだけれど,通話やメールに向くツールではないなとも思った.

で,タブレット端末,とかで検索かけても,ほとんどが7インチオーバーと大きい.
7インチってたぶんポケットに入らないよね.
5インチはスマートフォンと競合するから少ないんだろうけど……

ま,実物みてみないとわからないこともあるだろうし,そのうち梅田か日本橋あたりに繰り出したい.
問題は,そうできるだけの心の余裕がないことか.

BZ反応

高校生が未発見の化学反応を発見し,その論文が科学誌にも掲載された.
その反応は,自分も高校時代よく化学研究部で行ったものだった.
発見のきっかけは,実験後器具を片付けずにカラオケに行ったことだそうだ.
自分たちは器具をきちんと片づけていた.
世の多くの科学者たちもその差で発見できなかったわけだ.
まあ特に化学の世界ではよく聞く展開ではある.
なんらかのミス,あるいは偶然から新発見が生まれる.

こういうことを聞くたび,ただ真面目なだけの人間に成功はないんだろうなあと思う.
以前,「真面目なんじゃない,臆病なんだ」っていう言葉に感心した.
道から外れられないから真面目にならざるを得ない消極的規範精神.
それよりは,多少不真面目というか,抜けてるところがあるほうがハイリターンな人生になるだろう.
その分のリスクも備わっているとはいえ.

NANDは完全系

最近プログラミングの話も多くなってきたから,新しく「情報」カテゴリを作ってみた.
が,今気が付く.
自分は情報系学科に通っているんだから,授業の話即情報カテゴリになってしまうんじゃないか.
そこまで厳密ではないけど,複雑な気分.

今日は実験の日.
実験では同期式の時計を作った.
秒,分,時はFPGA上で作るので楽だったんだけど,曜日を表示するための7進回路にすごい手こずった.
こちらは,ブレッドボード上で作らなきゃいけないから.
NANDは完全系,ってことで,フリップフロップとNANDだけを使って回路を作り上げましたとも,ええ.
傍目には前衛的オブジェと見紛う代物で,TAをして「これでも動くんだ」と言わせしめる一品だ.
自分でも動いたときびっくりするくらいだったもんね.
入力の際に手違いがあって修正が必要だったものの,NAND周りの論理回路部分は一発OKだったんだもの.
真実はいつもひとつ,なのだなあとかなんとか.

その喜びで忘れていたけど,今日からJavaの授業も始まった.
SMLが周りで不評だった影響で,自分もSMLに好意を抱いてはいなかった(嫌いというわけでもない.蛇足ながら)けど,Javaは別.
予習のおかげで第一回授業はなんなくこなせた.
予習なしでオブジェクト指向をつかむのはわりと難しかったかも.
特に専門用語の羅列が.
テキストをみてみるとXMLやGUIも扱っていくようでとても楽しみ.

デバッガ

プログラミングの効率にはデバッガの優秀さも加わる.
以前,スクリプト言語はコンパイラを通さないのでデバッグしにくいとこぼしていたことがあったかもしれない.
あれは単純に無知なだけだったんだと知った.

JavaScriptでコードを書いていたんだが,つい今しがたChromeが素晴らしいJSデバッガなのだと知った.
まさしくJavaScriptの申し子である.
F12をぽんと叩けば,必要な情報をすべて拾ってくれる.
エラーがどこで発生してどんなエラーなのか.
そのとき,変数の状態がどうなっているのか.
それまではalert文を連打することしか知らなかった自分にはまさに革命的といえよう.
コード自体は思ったより進まなかったけど,これを知っただけでももうけものだ.

型のゆるいスクリプトな

なんか問題が山積みでどれから手をつけていいやら.
ってのは若干嘘で,手を付ければ早いんだけど,問題に取り組みたくないだけ.
ちりが積もって山になろうと,所詮はちりなので足で踏めば体積は減る.
ただ,足で踏む手間も面倒なのでやっぱり山のままであるだけ.
山が高くなればなるほど足を高くあげなきゃいけないわけで.

そういうわけで趣味がてらJavaScriptを書き進めている.
今は,フォームからの入力が4ケタの数字かどうか判断しようとしているところ.
変数をaとして,4文字かどうかの判定は
a.length != 4
で書ける.
数かどうかは
isNaN(a)
で書ける.
そして,それぞれ正しく動く.
けど,両方まとめて
(a.length != 4) or isNaN(a)
にしたとたんに動かなくなる.
どうすれば動くのか,動かないとすれば何を対案とするか.
自作プログラムは最悪抜け道というか,回り道を勝手に設定してモチべを維持するのも大切な作業.
この入力チェック機構自体最悪なくてもいいんだけれどもね.
もうしばらく考えてみるか.

習うより

ここひと月ほど,モチべが消えてからJSを書いていなかった.
久々に興がのったので書いてみると,案の定かけなかった.
書かないと忘れるもんね.
PASCALの文法もだいたい忘れてたし.
ブロックをbegin~endでくくるんだったね.
Cの文法だけ覚えているのはまだ半年経っていないからなのか,それとも雑い……もとい簡単だからなのか.

なかなか筆が進まなかった理由はおそらくもうひとつ.
OOPなあたりを意識しているからだろう.
Javaの本を軽く読んで,OOPとはなんぞやということを学んだ.
それをJavaの親戚(?)のJSで活かしてみよう,という話.
ひと月前OOPなどつゆも知らなかったが,今はクラス,コンストラクタ,メソッド,インスタンスといった用語のイメージをある程度つかんでいる.
以前は知らなくてもかけたが,知って書くとなおいいだろう.
JSでは何がクラスで,コンストラクタやメソッドをどう作って云々と意識して書いていくと,新しいものが見えてくる.
あれ,これはクラス化したほうが使いやすそう.
これをこうクラスでまとめるとメソッド化できて……ああそういうことか!
みたいな.
オブジェクト化するということはプログラムの見通しがよくなるということであり,その可能性に気が付くということは内容を整理できたということだ.
JSのOOPはJavaほど厳密ではないけど,ないからこそ,しばらくはこれで慣れていこうかな.
実益を兼ねつつ.

モンジャラ杯を振り返って

とんぼるちぇんで大会に出場した.
結果は,15人参加で3ブロックに分けた予選ではたしか1位でブロック通過.
決勝トーナメントは1回戦敗退だった.
とんぼるちぇんはしばらく使わないと思われるので,総括として雑感など.
簡単にルール
・10匹を登録.その中から6匹を見せ合いにつれていき,63シングル.
・見せ合いの6匹には準伝600を2匹まで.
・登録ポケモンの個体変更持ち物変更不可
・複数催眠なし.

で,登録した10匹は次.

クロバット@飛行ジュエル:格闘への遂行枠,挑発
コジョンド@珠:格闘枠.ラキグライムドー
ハッサム@鉢巻:鋼枠.物理火力
フライゴン@襷:ドラゴン牽制.電気無効.+2先制技
ウルガモス@スカーフ:特殊ごまかし.炎枠
ロトム水@眼鏡:トリックによる輝石等への役割.雷による雨への役割
ランターン@オボン:電気,トゲキッスへの強い役割
サンダー@帯:炎枠.対鋼
サザンドラ@竜ジュエル:ごまかし
コイル@オレン:見せポケ

続きを読む

ジャババババババ

今朝,財布をうっかり忘れて1本電車が遅くなった.
まー遅刻してしまうわなあ,と5分ほど遅れて教室に入ったら存外人が少なく,授業も始まっていない.
先生曰く,
「阪急が遅れているんでしょう.しばらく待ちます」
非阪急ユーザーの自分にはたなぼたでありがたい話ではあったが,真実はそこではないと思う.
単純に,1限目の授業だから,じゃないか.

六段配分

六段に復帰して1ヶ月ほど.
打数はそこまで多くないにも関わらず,すでに300ptほど溶かしている.
まあ平順2.5から変わらないような人間が溶かさない訳がないんだけれども.
レートは2000オーバーをキープしていて,それだけが心の支え.
今の感じだと,1=2=4>>3くらいなんで,レートは2000を維持しつつ緩やかに降段する,という未来が見えなくもない.
124でマイナスとられる配分はまだ厳しい.
鳳凰卓は遠いすなー.

50歩100歩関係により50の剰余類が導出される?

命ってのは燃やすものなんだなあと.
なにかひとつに打ち込んでいれば,自然と他のことにも集中できる.
志も何もないと,日々だらだらと過ごしてしまう.
少なくとも,自分はそういう人間なんだ.

つい先日まで,ツール作成に勤しんでいたころは授業にも熱が入った.
朝起きたときは眠くても,授業中は寝なかった.
というより,妙に寝れなかった.
最近は睡眠時間が足りているようでも,舟をこぐことがままある.

「命の珠」を持たせると,HPは減るが技の威力はあがる.
そういうアイテムがほしい.

2度あることは

授業がかみ合わないのはなんとかしてほしいもんだな.
同じ内容を習ったのは今日3回目だ.
いや,同じ内容を何度も習うのは別にかまわない.
その順番が問題.
実験,実習,そういった危急の授業でぶっつけ本番になり,あとから講義で穴埋めするのが嫌なんだ.
C言語のポインタを学ぶ前から1000行を超すCのコードを読まされたり.
Javaを学ぶ前からRobocodeのロボットを作らされたり.
カルノー図から最簡積和形を作る前から7進カウンタを作らされたり.
こういった不評は少なくとも数年前からあるみたいなのに,改善されていないというのはいったい.
TAによると,むしろ悪化しているようだ.
教授側にもアンケートを通してちゃんと伝わっているみたいなのに……何か圧力でもかかっているのか.

なんにせよ,今はJavaのOOPな感じを本からなんとかつかむばかりである.
クイックリファレンスじゃなくてちゃんとした入門本を借りたほうがよかったかなあ.

夢の話はネタとして三流にも満たないとかなんとか

ちょっと前になるけど,印象に残る夢をみた.

親とかと食卓を囲んでいると,俺のグラスに半分ほどのビールが注がれる.
そこへ足される麦茶.
ビール麦茶割である.
それをぐびぐびと飲むと,かーっと頭が熱くなる.
これがアルコールってやつか……

という夢.
ものごころついてからアルコールなんて口にしたことないのに,アルコールの回る感覚がやけにリアルだった.
でも,ビール麦茶割にそこまで強いアルコールなんて入っているのか?
夢にいちいちツッコむのもどうかと思うが.
まあ成人してから確認してみよ.

とんぼるちぇん その変遷2

ラティが重かったとんぼるちぇん.
ランターンを投入してはみたものの,眼鏡ラティに投げられるほどの耐久を確保できない.
そう,耐えるという発想自体間違っていたのだ.
上から叩く.
110族を上から見下ろす,こいつに白羽の矢が立った.

クロバット いじっぱり AS252H4
ブレバ 前歯 挑発 とんぼ@飛行ジュエル

目につく点は2点.
性格がいじっばりであることと,飛行ジュエルにもかかわらずブレバを採用していることだろう.
この2つは明確な仮想敵によって要請された火力なのである.
つまり,H4ラティオス確1.
クロバットはそのS種族値を活かすことで,補正をかけずとも努力値を割けば110族を抜き去ることができる.
さらに,性格補正+1.5倍+ブレバが組み合わさることで,H4ラティオスを確殺しうる火力が手に入るのである.
ちなみに,ジュエルアクロバットでは高乱数1だ.
ジュエルブレバの素晴らしい点は,その火力により,前歯込みで飛行等倍ポケモンの後出しを許さない.
輝石ポケモンであろうとも,前歯+ジュエルブレバの前では沈むほかない.
実際のところ,とんぼ返りは別の技でもいいと思われる.

クロバットの投入に際して,パーティーからはムクホークが抜ける.
対格闘ブレバ枠の差し替えだ.
威嚇がなくなることで物理に甘くはなるが,クロバットは素の耐久もあり,格闘4分の1と繰り出しが安定している.
また,副作用がひとつ……
スカーフ枠が開く.
これにより,あらたな可能性が開かれた.
プロフィール

みやどはつか

Author:みやどはつか
【座右の銘】
明日は明日の風が吹く/明日やろうはばかやろう


カウンター

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ