メロメロボディミロが異常にうざい件

1,対戦のこと
現実逃避がてらちょくちょくWifiに潜っているが,勝てない.
パーティーはヌケニン,ヘルガー,トリトドンがメインで,互いの弱点無効化し合ったら強くね? という以前の妄想に基づくもの.
時たま,「シャンデラきた! 追い打ち一択!」と耐久に振ったシャンデラを狩るためだけに持たせたジュエル追い打ちを叩き込んでエクスタシーを感じるような場面もある.
だけど,それ以上に負けるシーンが多い.
まず,なんだかんだでそもそもヌケニンを倒す手段が多すぎるということ.
上記3匹なら最メジャーな大文字は庇いきれるが,エッジは無理.
B特化トリトドンでも高火力物理で殴られると簡単に沈む.つまり後出しができない.
どくどくで1匹は死に,1匹は機能停止に陥る.
それから,ここで話に出たB特化トリトドン.
これの使い心地がよろしくない.
物理を受けきれるほど固くないというのは先ほど書いたが,特殊もあまり受けれない.
ど忘れとねっとうで似非両受けみたいなことができるかと思ったら,そんな暇なく落ちる.
そもそも,意外にみなさん草技を持っている.
あめふらしニョロトノに受けだしてドロポン吸収したんで引くと思ってど忘れ積んだら,めざ草ぶっ放してきやがった.
もう感心するしかないわ.
で,それよりなにより問題なのは,火力が足りない.
ヌケニンは言わずもがな,ヘルガーはA特化しているが,追い打ち不意打ちで安定物理なし.
トドンはB特化なので火力を期待できるわけもなく.
本当にジュエル追い打ち(不意打ち)くらいしか決定力はない.
だから相手に圧力をかけられず,むしろこちらがかけられてぴーきーな立ち回りを要求される.
これを使いこなせれば相当なものだが,俺にはまだ無理だった.

2,対戦以外
前述のトリトドンを厳選しているときに,5Vカラナクシが生まれた.
HBCDSで舞い上がったが,性格冷静でちょっと首を傾げ,特性ねんちゃくで世の無常さに泣いた.
遺伝がど忘れしかないし冷静で耐久をするわけがないのでアタッカーよりな構成になるに違いないのだが,そうなると特性の恩恵を受けにくい.
というか,呼び水がC1ランクアップなんだから,できればそっちにしたいに決まっている.
ステータスは良いが微妙にかみ合わない性格と特性.
しかも極めつけにタイプ一致特殊の大地の力は前作教え技というね.
ゲーフリの悪意を感じるぜ……
ま,それでもせっかくの5Vなので育ててはみようと思ってる.
育てずともいい親にはなるだろうしね.

続きを読む

久しぶりに計算らしい計算をした.

明後日解析のテストがあり,それと連動したレポート課題が出されている.
レポート自体は「問題を1問以上解いて提出」という,妥協しても構わない代物だ.
実際,前期で出された同じレポートは2問しか解かなかった.
でも,俺はなぜか気分がのっていた.
今日1日ずっと積分記号と向き合っていた.
定積分,重積分,広義積分……置換したり部分積分したりはたまたまったく別の手法を使ったり……
よくよく考えてみれば,これほど計算したのも久しぶりのことだ.
普段はノートをとるだけ.つまり,写すだけ.ちょっと出される小テストもそれまでの流れというものがあって,特に考えることもなく解けることが多い.
受験期こそかなりの量とそれなりの質の問題と戦っていたものの,それからはこんな調子で計算のために脳みそを使うなんてなかった.
だから,逆にこうして脳みそを使う感覚は新鮮で楽しくて充実していた.
俺は数学……というより計算が好きなんだな,と改めて思う.
作業だしね,結局のところ.

続きを読む

「良薬口に苦し」⇔「苦くない物は良薬に非ず」

仮に「良薬口に苦し」が教育的配慮およびそれに類するものから生まれた格言だとしても,これに甘んじて薬は苦いものでいいと製薬会社が考えているなら怠慢だと言わざるを得ない.
苦いものの方が好きだという人間はマイノリティーだ.最大多数の最大幸福を目指して仕事にあたるべき.

風邪を引いてる.
原因は明確にわかっているので,インフルエンザとかそういう心配をする必要はない.
でも,不本意であることには変わりない.
ジンクスがあった.
俺は1年に1回,秋から冬にかけて熱を出すという.
しかし,それ以外では一切病気しないという.
けれども今年度はどうか.
昨年秋ごろに熱を出した.
本来ならこれで終わるはずだった.
ところが,先月末,お腹から体調を崩した.
そして今回はのどから.
これは異常事態だ.
風邪なんてプロポリスさえあれば治っていた.
でも日本にはない.
だからこのようなことが起こっているのだ.
そう結論する.

続きを読む

エ ド ゥ ン !

なんかこういう呪文ありそうだね.

「バーキン」と聞いてバーガーキングを思い出した.
日本にはあまりない.
調べてみたところ関東にちょろっとあるだけのようだ.
結構おいしかった記憶はあるんだが……
日本人には受け入れられない味なんだろうか.
ジャンクばっかり優遇されちゃってさ.

レポートが思ったより進まなかったけどいいや.
先輩がもっと短くするようアドバイスをくれたにも関わらず,やっぱり長めになってしまったけどこれも仕方ない.
俺ってそういう人間,そういうことだと思うし.

と,現実から逃げよう.

集中見舞い

ニアミスシリーズ.
正解は「暑中見舞い」.
これが「集中」となると,いったいどんなお見舞いなのかと限りなく想像が膨らむ.

自分の中で1回ハードルを下げると,それが再び元の位置に戻ることなんてないよね.
なるべく早くレポートを書き始めるのが理想なんだが,今日までにプログラムが完成していればいいや,と妥協してしまったのが運のつき.
今,今がよければそれでいいんです.だいたい.

1日にほしい時間(平日)

睡眠:12時間
朝食:30分
2度寝:1時間30分
身支度:30分
登校:30分
授業時間:90*3=270分=4時間30分
休憩:10分*3=30分
昼食休憩:1時間
昼寝:3時間
下校:30分
夕食:1時間
夕食の後のだらだら:2時間
ニコニコ:3時間
ポケモン:12時間
麻雀:3時間
麻雀AI:3時間
学習・課題:6時間
風呂:30分
寝る前のひととき:1時間

占めて56時間ほど.
なるほど,俺にはあと1日とそこそこの時間が足りていない.
誰か分けて.

イメージ

ヴァンガードを見ているとイメージが加速する.
悪い方向に.
狙っているとしか思えない,
コメにあるように,薄い本がたくさん出るんだろうなw

最近課題のプレッシャーが強くてポケモンをあまりしていない.
やりたいことはあるんだが,いかんせん孵化作業は時間と集中を要する.
困ったなあ.

●▲●<クァワイイ

実質,人生初GMをした.
いろいろと改善点を指摘された.
それを手直しするのはもちろんだが,それよりも何よりもまず,GMというRPに慣れていきたい.
GMにはGMの楽しさがある.

これで激動の一週間が終わった.
来週はドイツ語の暗唱テスト,教養科目の試験,英語の小テスト,JKKのレポート(,手直し後のGM)とまだまだ気の抜けない日が続く.
あヽ,吾輩を責務から解放し給へ.

続きを読む

Q.「面を貸せや」と言われた場合,その利率は何%くらいが妥当ですか?

デスノートとか卓マス(D&D)見てたらなんか時間が無くなった.
ぶっつけとか恐ろしすぎるw
でも,たぶんそうなっちゃう.
他の人はGMとしてどれくらいの準備を整えるもんなんだろう.
俺にもいつか分かる日が来るのだろうか.

今日は体育/PBL/基礎セミの3本.

卓球はいつやってもおもしろい.
それが体育の授業であっても,ダブルスであっても.
俺のチームは初戦は落としたものの,そのあと並み居る強豪たちとの接戦を制しに制してなんとリーグ優勝してしまったw
相方の目覚ましい活躍のおかげとはいえ,やっぱりうれしいもんだ.

PBLはよくわからないままによくわからないことをしてよくわからないことになった.
規則性なんてなかった.

基礎セミは,追い求める課題が深すぎて,実用性・即時性を求めてやってきた俺には高度な内容になってる.
俺ほど何も考えていない人間に考えることを要求することの,あえていうなれば愚かしさ.
0に何を掛けても0なんだからさ.
気楽にやっていこうよ.

需要と供給,GMとPL

いやはや,GMとしての準備って大変だ.
苦にしているような人がまわりにいないので,全然わからなかった.
確かに大変=苦という式がいつでも成り立つわけではないし,実際に準備してみても苦ではなかったな.
大変だけどおもしろいって感じ.

とりあえず素直にルールブックにあるようにキャラ作した.
でも,そのままでは全然初心者向け(のルール)とは思えなかったので,独断と偏見によりばっさばっさと簡易化を施した結果,簡易SW2.0ができた.
能力値6つ+HP/MP,技能は3つ.
僧侶(プリースト+セージ)が呪文をかなり忘れてしまって涙目だが気にしない.
盗賊(フェンサー+スカウト)は技能が少なすぎたのでレンジャーちっくに薬の知識を叩き込んだがこれも気にしない.
戦士(ファイター+レンジャー)はそのあおりを受けて薬の技能を使えなくなったがやっぱり気にしない.
ま,キャラをどういう風に作ろうがその強さは相対的なもので,とどのつまりGMがどういうボスを作成するかによるんじゃないか.
という暴論で正当化してみる.
いやでも実際,ブリッツPの動画を見ていると本当にそう思えてくる.
パワーインフレの先に待ち構えているのはいったいどんな敵だろうか……と,これはさておき.

ちょろっと模擬戦をやってみると,ルルブにあるだけあってバランスはそれなりにとれているような気がしないでもない.
ただ,ちょっとプレイヤー側に余裕がある気もした.
明日もうちょっと詰めて,明後日のサークルに持っていこう.
2回目のGMだw

ヌケニン育成用ツチニンの厳選簡単すぎわろたw
「よし,育てるか!」というところから,孵化作業して,努力値振って,レベルを50まであげるのに2時間しかかからなかった.
性格一致2V程度,もうこの程度で終わってしまうということやね.

今日はドイツ語のテストがあった.
しかし,その直前は空きコマ+さらにその前の授業が30分早く終わったこともあって,十分なテスト対策ができた.
単位を落とさない程度の出来にはなっているはず.
これで,水曜日は午前で帰れるようになった.
さらに来週はもう1コマも試験があるので,再来週からは水曜日がお休みだ.
うまうま.


続きは長くて無意味な天鳳の1局.
つか,天鳳の安定段位をシミュレートすると,3.5段くらいとでた.
ちなみに今俺は4段.
運がいいだけなんですね,わかります.

続きを読む

必待ちしている

採点のバイトをしていると,時たま珍解答に巡り合う.
今日のタイトルはそこから.
一筆さっと入るだけで,こうも印象が変わることもなかなかないだろう.
そして,こんなことを実感できる日本語が好きだ.

明日にドイツ語の試験が迫っているのだが,あまり手をつけていない.
にも関わらず,この日記を書いたり消したりすることにもう30分以上使っている.
その前はニコニコしていたわけだし.
人はいつまでも変われぬ性なんだなあ……

続きを読む

さすがGoogleである.

教科書レベルの訳ならドイツ語でもGoole翻訳と適当な推測で十分だと気が付いたのは,最終章になってからだった.
もっと早く気が付いていればと思う.
でも,おかげで辞書を1回も引くこともなく予習は終わった.
ドイツ語の,外国語の学習の姿勢として良いとは言えないが,俺はそもそもドイツ語の習得を望んでいるわけではない.
他言語の仕組みと他文化の雰囲気を理解とまではいかずとも知ること.
これが俺の第2外国語を受講する意味だ.
そういう観点からみれば,単語がどうだとかはどうでもいいことだ.
1年間の学習で文法の外観はおおよそ把握した.
日本語とも,英語とも違う文法構造とそこから始まる思考の違い,ひいては価値観の違い.
自分とどんな風に違う人種が存在するのか.
それがわかっただけで俺は満足だ.
以上の理由から,今回の翻訳サイト使用も俺の中では正当化されている.

昨日,レポートを提出した.
しかし,今セメのレポートは後3つ残っている.
友人はこれを称して「レポート四天王」と言っていた.
なるほど,ということはつい24時間前に提出したあのレポートこそ,四天王の中でも最弱の存在……というわけか.
俺の戦いは終わらない.
レポートをすべて倒し,悠久の春休みを得るその日まで!
<先生の次回作にご期待ください>

続きを読む

無題

親孝行,祖父母孝行が大切なことだとわかっていないというほどでもない.
ただ,それが強制されるものなのか,という点がひとつ.
次に,新年に必ずしなければならないのか,という点がひとつ.
そして,付き合い(たまに見返りのための)にするようなものでもないという点が最後にひとつ,今考えていることだ.
第1点目については誰しもに同意いただけると思う.
けれども,俺に圧力がかかったからこそこのような話題を提示するわけで.
父親から,祖父母に会うよう勧告があった.
確かに昨秋以来ずっとあっていない.
これは会いたくないからあっていないのではない.
先にも述べたとおり,祖父母孝行が嫌だというわけでもないし,むしろ顔を見せるくらいでよろこんでもらえるなら機会があればどんどん会ってもいいと思っている.
でも,その機会を今作り難いから会えていないという話なのだ.
これは次の点に譲る.
第2点目については,新年親戚一同で集まるのが当然と考える人々もいるかもしれない.
けれども,新年だからこそ忙しいという人もいる.
俺のことだけど.
日記ではそこそこのレポート,課題,試験が迫っているということを何回か書いたと思う.
それと同時にそうとは思えない自由奔放な言動を結構はっちゃかめっちゃか書いていて,実際その通りなんだけど,課題山積の心労はそれなりにある.
それに後回しにしているだけなので,結局ツケを支払うことになる.
世間の忙しいと今の俺,所詮大学生の忙しいは別次元が違うとご高説をおっしゃる方もいるだろう.
しかしそれこそよそはよそ,うちはうちなわけで,当人の処理スペックなどなどの問題による.
それに俺は会えないと言っているわけではない.
すべてが終わった2月中旬以降ならば問題ないと言っているのだ.
新年とは少々時期がずれるかもしれないけど,それでも1ヶ月先には行けると.
新年に会うことはそれほど意味と価値のあることなのだろうか.
第3点目については,これも同意いただけると思う.
けれども,どうも俺はそういう人間だと思われている節がないこともないようだ.
それがちょっとショックだった.

過去の自分を投影し,今の自分を反映する.

昨晩,昔の日記(=ネット上に残る記事)を読み直していた.
俺がこうしてネットに日記をつけるようになったのは中学2年くらいのときからだ.
友人がHPを作って,それに影響される形で俺もHPを作った.
それまでは日記などつけたことはなかった.
でも,あれから今まで受験期の限られた時間を除けば結構コンスタントに書いている.
今俺が書き続けているのは,過去の俺が読み直すためだ(実際,この記事だって俺得以上のものはない).
そういう自覚のもと毎日続けている.
けれども,過去の俺は違った.
見てくれる友人たちを想定して,もてる限りのエンタテイメント性でもって書いていた.
日常の中からネタを探し,それでもネタがないときにはネタがないことをネタにし,楽しんでもらえるよう努めていた.
今回初めて気が付いたことだった.
そのあたりの変遷は自分の性格の変遷とも関わりがあるのかもしれない.
昔はそれなりに外交的だったが,今は内向的.
どちらがいいとか悪いとかいう話でもないし,個人的には今の自分もそれなりに気に入っている.
ただ,日記のありようひとつとってもそういうことが象徴されているように思う.

日記のありようという話でもういくつか.
まず,1人称.
中学の頃,日記では「管理人」または「僕」と自称することがたびたびあった.
ざっと調べた限りだと,「管理人」>「俺」>「僕」という順.
一方今は,ほとんどの場合「俺」,まれに「自分」と呼ぶくらいだと思う.
いつから「俺」は「管理人」にとって代わったのか.
おそらく高校のころからではないかと踏んではいるのだが,具体的なことはまだわからない.
しかし,役職を表すある意味で公的な「管理人」という言葉からより私的な「俺」という言葉へ移り変わったことは,やはり日記の役割や意識の変化を表しているように思う.
次に文の形態.
中学の頃の日記は,敬体であることがままあり,そうでなくても会話的,読者に語りかけるような体裁だった.
読者を想定しているのだから当然と言えば当然だろう.
対して現在は,報告のようであり,私情はあまりにじまず,さばさばした印象を受ける.
ほとんど常体で,敬体を用いるのは言い回し上そうしたほうがしっくりくると判断した時だけだ.
これも以上のような話と同じ側面をもっているだろう.

数年分の日記から俺の根本的な部分や移り変わった部分を紐解いていくというのもおもしろいかもしれない.
いや,俺は面倒だからやらないと思うけど.

11213242242231312

俺,レポートも書かずにこんなに天鳳していたのか……
17試合で平均順位2.1くらいか.
運が良過ぎるもんなあ.
相手の手牌を読まず,だいたい自分の欲望の赴くままに切っているのにほとんど放銃しないんだもん.
ごくまれに5順目の親リーに振ったとか,7順目の鳴き三色に振ったとか,そういうレアケースは生じる.
それでも俺の普段の行いからすればかわいいもんさ.
この好調がむしろ俺のスタンダードな実力になるようにしないと.
俺はまだ牌効率もろくにできていない「中学生」レベルの人間なのだから.

それはそれとして,レポートとかいろいろやらないといけないけど,明日からの3連休に甘えて結局ニコニコ天鳳してしまった.
明日は平日じゃないかって?
土日のセンター試験の準備で休日になったんだよ.
昼さがり,家に帰るころには会場案内の看板が立ってた.
大学生にとっては3連休だが,受験生にとっては壮絶な3日間なんだよな.
健闘を心から祈る.

世の中には2種類の人間がいる.ゾンビと火星人だ.

1月ももう折り返しを迎えようとしている今日この頃.
確認してみると,レポート2つ,試験2つ,小テスト2つ,サーオリ用のシナリオまとめ1本が今月中俺に課されているノルマらしい.
試験関係の受動的なイベントを総スルーしたとしてもレポートとシナリオは降りかかってくる.
これらをどう乗り切るか.
乗り切りつつ,どれほど試験に備えるか.
そして至極重要,根本的な問題として,どうモチベーションを引き出すか.
今日もせっかく椅子に座ってPCと相対できたというのに,汚せち問題の動画とかゾンビ・火星人動画を見てしまっていた.
2月中旬までなんとかすれば未来は拓ける.
なんとかなれ.
なんとかしよう.
なんとかしろ.

きんちょうかんプテラゲットだぜ!

レポートが進みません.
進めません.
進められません.

緊張感プテラ,ちゃんと使いこなせるかな.
氷の牙でガブ殴ったり,大文字でハッサム蹴散らしたり,さ.
数字見てないからわからないけど.

ニコニコメドレー的な何か.その5を見た.
くろぎりさんが突っ込んでくるのはますます知らない曲ばかりだけど,それでも聞かせてくれる.素晴らしい.
新しいメドレーを聞くたびに,原曲まで楽しむ.
今回はまずモザイクロールから視聴した.
厨二っぽい歌詞は心にざらりとまとわりつくんだが,それを含めてメロディーに引き込まれる.
知らない曲が多ければ多いほど,この楽しみは多くなる.
これから先も楽しみだ.

過去記事の編集をできないFC2の不具合は俺だけのことなのか

せっかくレポートをガリガリ進めるチャンスなのに,気分が乗らない.
ポケモンを再開し,サークルで徹夜し,しかもレポートの期限が1週間延びるというこの流れでは,それも致し方ないことなのかもしれない.
それでも,結構時間がないことには変わりない.
このレポート以外にもレポートはあるし,ドイツ語の試験はすぐに迫っているし,そのほかの科目もそれなりに学習する必要がある.
それはそれとしても新歓/サーオリに向けてシナリオの準備やポスター作成をしないといけない.
レポートをまとめるのとPCを使用するという集合に含まれているのがそもそもの原因なのだが,これを解消することもできない.
結局,やる気のないままだらだらと脇道にそれつつちまちま書き進めるという現状.
あれもしたい,これもしたい,でもこれはしたくないがしなければいけない.
緩やかなジレンマの狭間で,束の間の逃避に身を投じた.

久々の徹夜

他校サークルと徹夜コンベンションしてきた.
俺が参加したシナリオはラブクラフト+(クトゥルフ2010)とレディブラックバード.
前者はシナリオタイトルからして一発ネタw
クトゥルフは初プレイだったのでそれも含めて楽しんだ.
女性超心理学者をRPした.焼津こやけという名前は,ほぼダイスで決まった名前だが,なかなかよくできていると思う.
終盤.
完全にクロのNPCの家にPC全員で出向いた.
NPCの招待もあってね.
他PCたちとNPCがリビングでお話している最中に,俺のPCはお手洗いに行くことにする.
もちろん,そういう名目で他の部屋を調査するわけだが.
ある一室の扉を開けると,ベッドの上に輪郭がはっきりせず,無数の触手が生えた宇宙的生物がいるのを目撃する.
SANチェックには成功.
そのまま扉を閉め,お手洗いに行き,他NPCに連絡をとることを宣言した.
すると,他プレイヤーGMは爆笑w
俺には一瞬何がなんだかわからなかったが,どうやら宇宙的恐怖を目の当たりにしても狂わず,悲鳴も上げず,ただただ冷静に対処したことがツボにはまったらしい.
それを指摘され,俺も確かにこれは冷静すぎたな,と苦笑い.
結局,このおかげで他のPCのSAN値は削れることもなく,無事シナリオは解決した.
このシーンは最大の見せ場になってしまったようだ……

レディブラックバードはアメリカの同人的システム/シナリオを個人的な趣味で和訳したものだそうだ.
いやー,はまっている人は違うなあと感心したり.
これはストーリーゲームという括りのゲームだそうで,ゲーム的システムよりもむしろRPに主眼をおき,プレイヤーが物語を作っていくような遊び方をする.
システムもRPを推奨,促進するような作り方になっている.
俺のPCは忠誠を誓った主君と,信頼と尊敬の的である兄貴との義兄弟の関係,そして自分の金銭的欲望の間で揺れる,ジレンマを抱えるキャラで,悩ましくもおもしろいRPが必要だった.
あんなに濃いRPをしたのは初めてだな.
本当におもしろいゲームがあったものだ.

無効パ

なんか無効パを作ったらおもしろいんじゃないかと思い始めた.
例えばさ

ポケモン(無効)
ヌケニン/不思議な守り(電水超無闘地草毒竜鋼氷蟲)
トリトドン/呼び水(電水)
ヘルガー/もらい火(超炎)
ロトム霊/浮遊(無闘地)
バッフロン/草食(霊草)
ナットレイ/ (毒)

みたいな.
どいつも無効を持ってるのである程度繰り出しが効く.
弱点をカバーし合って無償降臨の足掛かりにできるだろう.
交代してできることがあるかどうかはまた別問題だが.

これ以外にもパーティーの組み方はあるだろう.
ナットレイ+シャンデラの弱点をカバーし合う組み合わせにしたり,浮遊持ちでなく飛行持ちで地面無効化したり.
そういや,パーティー単位での無効タイプ個数最高ってどれくらいだろ.
また今度調べてみようかな.
ゴーストタイプばっかりになりそうだがw>浮遊+霊=無効*3
あれ,そもそもヌケニンを除くポケモンの無効タイプ個数最大は3だっけ?
4は霊+霊以外の無効持ちタイプ(=鋼,悪,飛,地,無)+無効特性じゃないと無理だ.
ま,無効4タイプなら騒ぎになってるはずだから,知らないってことはいないってことかな.

ヌケニン有で無効できないのは飛,悪,岩の3タイプのはず.
ヌケニン無なら3タイプ+竜鋼氷虫が無効不可.
ヌケニンは竜を無効化できるから竜受けになるかと思いきや,あちこちから大文字エッジが飛んでくる現実に泣いた.
弱点炎岩は痛すぎるぜ……

英断

英断1
プログラミングのレポートの提出締め切りが1週間後に迫っているということを知ったのは昨晩のことだった.
死なないためにデッドラインを把握するのだから,逆に把握しようともしていなかったそれまでの俺がレポートを進めているとは思えないだろう?
絶望的なまでの作業期間だ.
俺は失意とともにプログラミングの授業に向かった.
授業時間中にレポートを作成する時間があったものの,1週間後に間に合うとは到底思えない.
何せ過去に妥協して提出したレポートの枚数が30枚だったり,50枚だったりする人間だからね.
ちゃんと妥協できるだろうか.
そう憂う俺に,福音が聞こえた.
「あまりレポートが進んでいないようなので,レポートの期限を1週間延ばします」
俺はプログラムの作成まで何とか終わっていたが,実はそれすら終わっていない人がほとんどだったのだ.
冬休み中にやっとけよと叱咤されればそれまでなのだが,先生はそうしなかった.
単位を落とすことが授業の目的ではない.
きっとそのことをわかってくれていたのだろう.
周囲の状況を見て下す適切な判断.
これを英断と言わなければ,英断など存在しない.

英断2
PDW(ポケモンドリームワールド,簡単に言うとポケモンでやるネトゲ)で新たなイベントが起こるのに必要なゆめポイントが半減されたそうだ.
ゆめポイントはPDWで遊んでいるとたまるポイントだ.
これまで,最大の必要ゆめポイントは20000だった.
これがどれだけのことか言うと,1日にためれるゆめポイントはだいたい100強だ.
なんと驚くべきことに,PDWは24時間ごとに1時間しか遊べないという仕様なのだ.
まあ,小学生がポケモンを入り口にしてネトゲ廃人になられたらたまらんだろうがなw
そんなわけで20000ポイントには,半年間毎日PCに向かい合ってもまだ届かない.
ゆめのまたゆめなのだ.
それが,10000ポイントになった.
毎日3か月とちょっと向かい合えばよくなったのだ.
確かに20000ポイントは無茶苦茶な設定だったと思う.
それでも,現状に固執せずに適切な判断を下した運営陣に俺は称賛を送りたい.
素晴らしい英断をありがとうと.

続きを読む

私は帰ってきた!

そこそこに長かった遠征から帰還した今日.
年末年始でだらだらとしたり,家族で出かけたりしていると結局,課題・レポート・学習をする時間がなかった.
これはまずい.
この1ヶ月が勝負どころ.
1年の計は元旦にあり,ではないが,この1年の幸先はこの1ヶ月にかかっている.
きちんと単位の取りこぼしがないようにしないと.
とか言いながら,布団に引きこもってニコニコしたりしているんだから世話ないんだろうね…….

東京言ってた間の,主にTDLとTDSに行った報告をしたい気分がないでもないが,時機を逃したのでおそらく書くことはないだろう.

明けましておめでとうございます.
今年もよろしくお願いします.

いや,やっぱりAOKYって略語は存在するんだね.
AkemasiteOmedeto,KotosimoYorosiku.
日本語の自由さは比肩するところがないな.
まあ,比肩するものをよく知らないだろと言われれば否定できないんだが.
俺は日本人に生まれてよかったよ.

今日は元日なので,初詣に行ってきた.
初詣って今年初めて詣でるから初詣なんだよね?
でも,初詣以外で詣でることってない気がする.
初詣で且つ終詣って人も多いんじゃないだろうか.
俺もおそらくそんな一人になるだろう.
でも,だからといって行かないということにはならなかった.
明治神宮に詣でた.
東京は人が多い.初詣したいだけなのに人の山ですよ.
境内につくまでに数十分並ぶ羽目に.
なまじ交通の便をよくするからこういうことになるんだよ……

おみくじでは,水の徳に学べと言われた.
容器によって丸くも角くもなる水.一見単に流されやすいだけのようだが,時には岩をも穿つ力を秘めている.
そんな水の徳を今年参考にせよ,ということらしい.
でも大丈夫.
俺は既に会得しているから.
エネルギーの少ないほうへ少ないほうへと流れる,その様をまさしく体現しているから.

続きを読む

プロフィール

みやどはつか

Author:みやどはつか
【座右の銘】
明日は明日の風が吹く/明日やろうはばかやろう


カウンター

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ