フレーム問題

あるひとつの仕事に従事させるには,もはや機械のほうが早く,正確に行うことができるようになった.
それは,手作業だけでなく高度な思考を必要とするものであってもだ.
(逆に言えば,ひとつの仕事を機械に人間以上にうまくできるよう仕込める人間がいるということでもあるが)

逆に,個々の仕事にかぎらず,様々なことをこなせるというのが人間が機械より上回る部分であるらしい.
汎化能力とでもいうのか.
羽生名人のいうところによると,考える必要のない手を考えなくてよいと判断できる「直感力」が名人を名人たらしめているらしい.
一方で,Google謹製の囲碁ソフトAlphaGoも,ディープラーニングによって評価値(有効性)の低い手を切り捨てることができるようになって強くなった.
ゲームの話を引き合いにだしたが,考える必要がないことを機械が「正しく」考えないままでいれるのかどうかはフレーム問題と言われている.
人間がこのフレーム問題をどのように解決しているのか(あるいはどのように解決したように見せかけているのか)もよくわかっていないそうだ.
解決の糸口は,人間が1個体として生きようとしているというところにある気がする.
現実問題として当面は生きねばならないがために,直近の問題をこなす必要がある.

テスト

プログラムではテストが大事だとされている.
プログラムを書くときには,そのプログラムがどのような動作をするのかを規定したテストも書くべきだということだ.
むしろ,先にテストがあり,その枠組の中で必要十分に機能するプログラムを書くべきだという主張が一般的だ.
プログラムの品質をテストにより保証することができるようになる.
じゃあそのテストの品質はどう保証するんだと思うが,そこは気にしないことになっているらしい.
コストも考えると,プログラムとテストの相互保証で十分というのが業界標準のようだ.

この狭い東京

自転車で通勤していると,とにかく東京にはタクシーが多いことに気付かされる.
どうやら,全国の20%のタクシーが都内を走っているらしい.
都の人口の全国に占める割合は10.5%だから,一人あたりタクシーは多いことになる.
面積あたりもちゃんと調べてはいないがおそらくいちばんだろう.

タクシーが多いことにも驚くが,相応にタクシー利用者が多いことにも驚く.
1週間自転車で走っていれば,1度はタクシーに乗る/降りる場面に遭遇する.
これだけ電車網がくまなく発達していても,必要とされているからタクシーも多いということのようだ.

えーやだよー

だって,愚劣と言われるのと,
まだ愚劣ではないかもしれないと希望をもちながら生きていくのじゃ,
人生効率が段違いじゃーん

エ ド ゥ ン !

なんかこういう呪文ありそうだね.

「バーキン」と聞いてバーガーキングを思い出した.
日本にはあまりない.
調べてみたところ関東にちょろっとあるだけのようだ.
結構おいしかった記憶はあるんだが……
日本人には受け入れられない味なんだろうか.
ジャンクばっかり優遇されちゃってさ.

レポートが思ったより進まなかったけどいいや.
先輩がもっと短くするようアドバイスをくれたにも関わらず,やっぱり長めになってしまったけどこれも仕方ない.
俺ってそういう人間,そういうことだと思うし.

と,現実から逃げよう.

漆黒のベンツに初心者マーク

今日も実車さわってきた。
50分喋りたおすオバチャン女性教官と、やる気なさげな老教官の監督のもと。
曲がり角、坂道、後退を習った。
後退難しい。
やる気なさげなおかげでハンコもらえたけど……
曲がるのは思い切りだけの問題だそうで。
ハンドルは1.5回転しかしないことを念頭に置けば、ハンドルを切ることに対するためらいが軽くなった。
つか、そろそろ学科終わってしまう。
復習しないと仮免がやばい。

力学が終わった
体育は終わったっぽい
統計はオワタw

あー牌持ちたいなあ
オリてオリてオリまくりたい
いや、そうできたらいいなあ
プロフィール

みやどはつか

Author:みやどはつか
【座右の銘】
明日は明日の風が吹く/明日やろうはばかやろう


カウンター

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ